白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

泡タイプ白髪染めのメリットとデメリットについて


泡タイプの白髪染めのメリットとデメリットについて

 

白髪染めの形態も変ってきており、今は泡タイプの白髪染めが人気を集めています。泡タイプの白髪染めは初心者の方に最適とされており、その手軽さから利用する人が増えてきています。

しかし、気をつけて利用しないとデメリットもありますし、泡タイプの白髪染め商品でも使いにくいタイプのものがあるのも確かです。泡タイプの白髪染めが持っているメリットとデメリットについてまとめていきます。

 

★泡タイプの白髪染めとは?

白髪染めといえば、2つの液体を混ぜ、髪の毛に塗りこんでいくのが主流でした。自宅で行う場合は、ビニール袋を肩からかぶり、手にもビニール製の手袋をつけて結構手間と時間がかかっていたものです。

泡タイプはお風呂に入り、手に泡を取って髪の毛に塗りこんでいくので、手軽に利用できるところから初めて白髪染めを利用する人にも好まれています。手間に思ってしまうと、白髪染めをすることが億劫になるのですが、泡タイプは髪にあてる度にジュワっとした感触が手に残って、染み込んでいくのが癖になるのも長く使っていく上でのポイントとなっています。

 

★泡タイプ白髪染めのメリット

泡タイプだと目に見えない場所に塗りこむのが用意です。一般的な白髪染めは垂れないように気をつけなければなりませんし、いくらビニールでガードしていたとしても液モレしないように気をつけるものです。泡タイプだと後ろ髪、後頭部の辺りにも塗りやすいため、白髪染めにかかる時間も短縮できます。またヘラやクシなどの余計なアイテムがいらないのも手軽で使いやすいです。初心者に好まれている理由もうなずけます。

 

★泡タイプ白髪染めのデメリット

泡だからといって油断していると、髪に塗りこんだ後に垂れてくる商品もあります。口コミなどをしっかりとみて、髪への定着がしっかりしているものを選ぶようにしましょう。また塗りこみやすい反面、髪全体にムラが出やすくもあります。全体的に満遍なく広がるように意識して利用する必要があります。あまり塗りこみすぎると頭皮に直接接する量が増えてしまいますので、頭皮を傷めないようにも気をつけるようにしましょう。


白髪染めランキングはこちら