白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

ビオチンで白髪対策!


ビオチンはビタミンの一種で白髪の対策に効果がある物質とされています。そこでここでは詳しくビオチンン効果や理想摂取量など具体的な内容をご紹介していきたいと思います。

 

ビオチンの効果とは?

ビオチンは髪のケラチン合成の補酵素としての作用を持っています。ケラチンとは、髪の毛などの角質層の主成分です。つまりビオチンが欠乏してしまうと、髪の毛の栄養が足りなくなってしまうのです。ビオチン欠乏の症状としては、抜け毛、白髪の増加、髪が細くなるなどの髪の毛に関係する影響が多くなっています。ビオチンをきちんと摂取することで、髪の毛への悪い影響を防ぐことが出来るのです。

またビオチンの不足は、代謝不良につながってしまいます。代謝が悪いと、色素細胞がうまく働けなくなってしまうのです。そのために白髪になる可能性が高くなるのです。ビオチンの摂取によって代謝が良くなれば、色素細胞も活発に働けるようになり、黒髪になりやすいのです。

 

ビオチンには副作用はあるの?

ビオチンをサプリメントなどで摂取する場合には、副作用についても気になることと思います。ビオチンはビタミンの一種であるために、治療薬・医療薬品の部類には入りません。そのために副作用の心配はほとんどないといえます。安心して摂取することが出来ます。

ただし過剰摂取・変な方法での摂取など、特別なことをしてしまうと、異変を起こしてしまう可能性もあります。または効果が全くないということにもなりかねません。

 

ビオチンが含まれているもの

ビオチンは食べ物にも多く含まれているビタミン類です。ビオチンが多く含まれている食べ物の代表としては、アーモンド・バターピーナッツ・卵・肉類の肝臓などです。サプリメントなどで摂取する前に、食べ物でできるだけ摂取するようにしたいものですね。

ビオチンの摂取量として目標にできるのが、1回で3mg程度です。もちろんビタミン類なので、多く摂取しても問題はありませんが、それだけの効果が得られるというものではありません。多く一度に摂取するよりも、適量をこまめに摂取するようにしましょう。ビオチンは白髪対策だけではなく、健康のためにも必要とされる栄養素です。美容にも健康にも効果があるので、できるだけ積極的に摂取するようにしましょう。

 

まとめ

白髪対策に有効とされるビオチンの効果とは、髪の毛を作る ケラチン合成を促進し、色素細胞の働きを活性化するために代謝を上げるというものがあります。 ビオチン欠乏の症状には髪の毛に関するものが多く、髪の毛のことを考えるのであれば適切なビオチンの摂取量をこまめに摂取しましょう。


白髪染めランキングはこちら