白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めとヘアカラーの違いとは


ヘアカラーを売っているコーナーに行くと、ヘアカラーの中に白髪用表記があるとものと、何もないものがあります。どのような違いがあるのでしょうか?正しいヘアカラーを選ぶためにも知っておきたいポイントをまとめてみました。

 

どちらもヘアカラー

“白髪染めとヘアカラー何が違うの?”と思う方も多いと思います。でも実はどちらもヘアカラーであることには変わりはないのです。白髪を染めるにしても、黒い髪を染めるにしても同じということなのです。

同じヘアカラーでもそれぞれに含まれている染料剤・染め方が違ってくるのです。白髪染めを行うのであれば、白髪染め専用のヘアカラーを購入する必要があります。

 

おしゃれ染めと白髪染めの違い

ヘアカラーは髪の毛に染料を浸透させることで、髪の毛の色を変えていきます。特に日本人の髪の毛の色は黒く、メラニン色素が多いために髪を脱色してから染毛するという段階を踏む必要があります。

おしゃれ染めの場合には、明るい色を入れることが多いために髪の毛のメラニンをブリーチ剤で脱色することが必要になるために、ブリーチ剤が多く必要となります。一方で白髪染めはブリーチ剤がおしゃれ染めに比べると、少な目に配合されています。もともと白髪はメラニン色素が落ちてしまった状態だからです。ただし白髪染めは黒い髪の毛も一緒に染めることになるので、染料の配合濃度が高くなっています。

 

それぞれの特徴をつかんで上手に利用しよう

簡単に2つのヘアカラーの違いをまとめると、

  • 脱色させるブリーチ剤がより多く含まれているのがおしゃれ染めです。ブリーチ剤は髪の毛を傷めてしまいます。
  • ブリーチ剤がおしゃれ染めほど含まれていないものの、染毛力が強いのが白髪染めです。時間が経つにつれて色が落ちてきてしまうというデメリットがあります。

同じヘアカラーであったとしても、少しずつ違いがあるためにそれぞれの特徴をしっかりとつかんで、自分の髪の毛にはどのタイプのヘアカラーが必要であるかを検討していきましょう。髪の毛をできるだけ傷めずにヘアカラーするためには、どちらがいいのか?色落ちを避けるためにはどちらがいいのか?比較検討しながら、上手に白髪染めを楽しんでください。

 

まとめ

ヘアカラー には、おしゃれ染め と白髪染めの2種類がありますが、それぞれの 違いがどのようなものであるかを認識することで、もっと自分の髪の毛に合ったヘアカラーを選ぶことができます。髪の毛をなるべく傷めないヘラカラー、色落ちしにくいヘアカラーなど目的別に選びましょう。


白髪染めランキングはこちら