白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めヘアマニュキアの仕組み


白髪染めにはたくさんの種類があります。それぞれの種類の特長をよく知ることで、自分の白髪にはどのような対応を選べばいいのか?を決めることが出来ます。ここでは白髪染めヘアマニキュアの特長についてご紹介していきます。

 

★白髪染めヘアマニュキアとは?

白髪染めヘアマニュキアは、爪に塗るマニュキアのように髪をマニキュアでコーティングすることで白髪を染める方法です。コーティングということは、髪の毛の表面を染料で覆うということです。そのためにヘアカラーとの違いである髪の毛の内側にしみこませるための、キューティクルをはがすという作業がありません。メラニン色素の脱色をするという作業がないので、髪へのダメージが少ない染め方なのです。

 

★白髪染めヘアマニキュアの成分とは?

成分は酸性染料と呼ばれるタール色素です。タール色素は石油から作られており、コスメ製品にたくさん使われているものです。成分表示には、“赤201”や“黄401”などの色に加えて番号で記されていることがほとんどです。

 

★白髪染めヘアマニキュアはどうやって白髪を染めるの?

髪の毛にはプラスイオン、マイナスイオンがあります。白髪染めヘアマニキュアは、この髪の毛のイオンを利用した染め方なのです。プラスイオンと酸性染料のマイナスイオンがイオン結合することで、染料が髪の毛を覆うことが出来るのです。

 

★白髪染めヘアマニキュアにはどんな種類があるの?

白髪染めヘアマニキュアト一言に言っても、種類があります。ヘアマニュキアの種類はデメリットである明るいの発色を補うためにあります。

・一般的なヘアマニキュア

酸性染料だけで染める方法です。髪の毛へのダメージは少ないですが、色持ちも発色も悪いという特徴があります。

・ヘアカラー入りヘアマニキュア

直接染料、間接染料、ブリーチ剤などの成分が入っているタイプです。色持ちもよく、発色も綺麗でしっかりと染めることが出来ます。それでいてヘアカラーよりもダメージが少な目です。

・ヘアカラートリートメント入りヘアマニキュア

HC染料、塩基性染料、植物性染料などヘアカラートリートメントの成分が入っているタイプです。一般的なヘアマニュキアよりも発色も色持ちもよく、ダメージも少ないタイプです。

 

まとめ

メラニン色素を取り除くことなく、イオン結合を利用して白髪を染めるヘアマニュキア。ヘアカラーとの違いはキューティクルをはがして染料を入れる作業がないことです。 ヘアマニュキアの種類も豊富で、色持ちや発色などに違いをもたらします。


白髪染めランキングはこちら