白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

髪を傷めずにい上手に白髪を染める方法


白髪を自分で染めたいけど、なかなかうまくいかない、髪の毛の傷みがひどいという方も多いと思います。まばらに残ってしまった白髪はかえって目立ってしまいますね。

そこでここでは自分でどうやったらきれいに髪の毛を傷めることなく、白髪が染められるのか?ということを3つのポイントに絞って考えていきたいと思います。

ポイント①白髪染めの頻度に注意

白髪染めで髪の毛が傷んでしまう原因となっているのが、白髪染めを頻繁に使いすぎていることがあります。

白髪染めは、とても強力な薬剤を使用しています。ですのでできるだけ白髪染めを頻繁に使用しないようにすることで、髪の毛へのダメージを避けられます。たとえば全体を染めるのではなく、生え際のみを染めることで同じ個所が何度も白髪染めによるダメージを受けることを避けられます。

また白髪染めを選ぶ際には、放置時間が長いものを選びましょう。放置時間が短い=薬剤が強いともいえます。放置時間が長い方が色持ちもしますし、髪の毛にとっても優しい白髪染めです。

ポイント②染める前にシャンプーをしない

白髪染めを使用する前にシャンプーをする方もいると思いますが、これが髪の毛を傷める原因になっていることもあります。

シャンプーをするということは、キューティクルが緩んでしまっている状態です。ここに白髪染めの薬剤を入れてしまうと、髪の毛へのダメージが大きすぎてしまうのです。

白髪染め前にシャンプーをしないのはもちろんのことですが、白髪染め後にはヘアカラー専用のシャンプーとコンディショナーを使うならば、髪の毛へのダメージを少なくすることが出来ます。

ポイント③髪をブロッキング

髪の毛というのは頭に沿って生えています。そのために表面だけに白髪染めをぬっても、髪の毛の奥には行き届かないことが多いのです。後ろの髪の毛の生え際は白髪であるという状態にもなりかねません。

まずは白髪染めをするときにはブロッキングできるヘアピンを探して、髪の毛を最低でも上下の2つ、できれば7から8つのパートに分けて、細かくきれいに白髪染めを乗せることんで、色むらなくきれいに仕上げることが出来ます。

めんどうに思えるかもしれませんが、このひと手間がきれいに仕上げるためには必要な手間なのです。

 

まとめ

自分で白髪を染める時には髪の毛が傷んでしまったり、うまく染まらなかったりしますね。それを解消するポイントとして①白髪染めの頻度に注意、②染める前にシャンプーをしない ③髪をブロッキングすることがあります。3つのポイントを抑えてきれいに白髪を染めましょう。


白髪染めランキングはこちら