白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

ジアミンとは


白髪染めをどれにしようかと悩んでいで、調べていると“ジアミン”という言葉をよく目に吸ることになるかもしれません。白髪染めをするうえで絶対に知っておきたい物質の一つが、ジアミンなのです。詳しく調べていきましょう。

ジアミンとは何??

ジアミンは、正式名称をPPDA、またはパラフェニレンジアミンと呼ばれている化学染料のことです。今販売されている白髪染めやヘアカラーの主成分は、このジアミンなのです。ジアミンは少ない色素で濃い色を作ることが出来るために、髪の毛を染めるにはとても便利な成分であるとされています。またいくつかの色を混ぜることで、たくさんの色を簡単に作れるために、白髪染めなどによく利用されているのです。

このような理由からジアミンは、カラーリング剤には不可欠な成分となっているのです。特に白髪を染めるための黒い色にはジアミンが欠かせません。

ジアミンはアレルギーを引き起こしてしまうの?

このように白髪染めにはとても有効な成分であるジアミンですが、アレルギー反応を引き起こすこともあるのです。そのために劇薬として取り扱われています。国によってはジアミンをヘアカラー剤として使用することは禁止されているケースもあるほどなのです。

ジアミンはカラーリング剤として使用される時には、酸化発色させて使われるのですがこの酸化させたものであってもジアミンはとても有害なのです。アレルギーを引き起こしてしまう原因なのです。

どの程度のアレルギーが起こってしまうの?

アレルギーといってもそこまで深刻に考えない方も多いです。頭皮がかぶれる程度と思う方もいることでしょう。でも実はジアミンアレルギーは頭皮だけではなく、体の中にも影響を与えてしまうのです。

ジアミンは頭皮につき、頭皮から有害成分が吸収されて、血管に入りこんでしまいます。血管に入ったジアミンが内蔵にたまっていくのです。そのために体内の免疫システムが過剰反応してしまうのです。アレルギーの程度によっては生命にかかわる反応も起きてしまうのです。

カラーリング剤には気を付けて

ジアミンの副作用を知るために、使用前には パッチテストを必ず行ってください。 自然植物系ヘアカラーならば安心と思うかもしれませんが、実はジアミンが入っていて自然植物系ヘアカラーにもアレルギーの恐れがあります。アレルギー反応が気になるのであれば、ノンジアミンカラーリング剤を購入したいですね。

まとめ

多くの白髪染めに含まれるパラフェニレンジアミンという化学成分がアレルギーを引き起こしてしまうことをご存じでしたか?アレルギー反応を防ぐために、 副作用 パッチテストやノンジアミンヘアカラー剤などの対策を行いましょう。 自然植物系ヘアカラーにもアレルギーの恐れがありますので、注意してください。


白髪染めランキングはこちら