白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めで髪の毛がキシキシするのを防ぐポイント


白髪染めで髪の毛がキシキシするのを防ぐポイント

 

白髪染めは髪の毛のキューティクルを剥がしてから髪の毛を染めているため、髪の毛がキシキシするようになります。個人差はあれどキシキシするように傷むのは誰でも同じ事です。白髪染めの種類と自分の髪質を理解した上で商品を選ぶことが大切です。

髪質を二つに分けると、硬い髪と軟らかい髪があります。硬い髪の場合、キューティクルがしっかりしているため健康的である反面、染まりにくくなっています。軟らかい髪の毛の場合は、キレイに染まるのですが髪の毛が傷みやすいといえます。これらの髪質を知るためには美容師さんに聞くのが一番であり、白髪染めを選ぶ際のポイントにしてみてください。

 

★キシキシする髪の毛のケア

白髪染めを利用してキシキシする髪の毛は、その後のケアがとても大切です。特に女性の場合、髪の毛の質でイメージが大きく変りますし、日ごろから気になってしまいます。白髪染めをきれいにした後で、髪質が悪くなって見た目が変ってしまっては意味がありません。白髪染めの後にトリートメントをする、またヘアパックなどをして髪の毛のケアに気を使いましょう。

 

★トリートメントタイプを選ぶ

気になる白髪を染める商品は、ブリーチタイプの白髪染めだけではありません。今はヘアマニキュアやトリートメントタイプの白髪染めもあって、髪の毛をできるだけ傷めないようにすることをポイントにしています。通常の白髪染めであれば、一気に髪の毛を染めてしまうのですが、トリートメントタイプは徐々に染めていくことになります。そのため、1度利用したら終わりではなく、通常、2、3日に1回の利用を続けていかなくてはなりません。トリートメント効果は、一般的なトリートメントよりは劣りますから、白髪染めの効果と髪質を照らし合わせて選択するようにしてください。白髪染め後に髪の毛がキシキシするのが嫌だという人はトリートメントタイプ、一気に染めてしまいたいという人やトリートメントタイプでは白髪を隠す事が出来なかったという人は、ブリーチタイプを利用してヘアケアするやり方がいいのではないでしょうか。


白髪染めランキングはこちら