白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪の原因はメラニン不足


白髪については、様々な原因がありますが、なんといっても直接の原因といえるのは、メラニン不足でしょう。もともと髪の毛自体には色がありません。日本人の黒色を出すのが、メラニン細胞なのです。メラニンによって色付けされることで黒色になるのです。

 

メラニンの種類

メラニンには2種類あります。ユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれるものです。個人によて髪の毛の色に差がありますね。それは黒を出すユーメラニンと黄色を出すフェオメラニンの配合によって決まっていくのです。日本人は髪の毛の色が黒いので、ユーメラニンがメインのメラニンなのです。

 

メラニンは何でできているの?

メラニンはどんな原料からできているのか?ということも気になることと思います。主な原料となるのが、チロシンがチロシナーゼに変化することでできるです。そもそも体の中にメラニン色素はあるのではありません。チロシンが銅イオンを含むことでチロシナーゼとなって初めて、メラニンが作られます。メラニンを作っている細胞のことをメラノサイトと呼んでいます。

白髪になるのは、チロシンの摂取不足でメラニンを作るた目の原料がない、またはメラノサイトの機能低下によるものです。そのために白髪対策とするためには、

  1. チロシンの摂取量を増やす
  2. メラノサイトの活性化をはかる

という行為が有効とされています。

 

白髪対策のために

白髪予防には上記で述べたように、、①チロシンの摂取量を増やす、②メラノサイトの活性化が必要であることがわかります。ではどのようにしてこうすることができるのでしょうか?

基本的には食生活の改善です。できるだけ健康によくバランスの取れた食生活を行うことが大事です。特にインスタント食品などにはビタミン・ミネラル類が含まれていないために、注意したいものです。野菜やフルーツを中心に、和食を食べると白髪対策が簡単に行えます。

またメラニンを作るメラノサイトに刺激となることを避けることです。たとえば脱色を行うことなどは、皮膚への負担となるだけではなく、メラノサイトに影響を与えることになります。できるだけ頭皮への負担となる行為を避けるようにしましょう。今までしたいたカラーリングの回数を減らすだけでも、負担は軽くなります。

 

まとめ

日本人の黒髪はユーメラニンと呼ばれるメラニンが出している色です。そんなメラニンは チロシンを原料として、 メラノサイトにで作られます。白髪対策とするためには、①チロシンの摂取量を増やす、②メラノサイトの活性化を促すことがカギとなります。


白髪染めランキングはこちら