白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

お風呂で白髪染めをする時のポイントと掃除について


お風呂で白髪染めをする時のポイントと掃除について

 

美容院で白髪染めをすれば手間もかかりませんし、費用も発生しませんが、自宅での白髪染めには手間がかかります。部屋で白髪染めをすると、床に飛び散ったり、壁が変色したりと、部屋の中の汚れが目立ってしまいます。そのため、お風呂の中でするのが一般的でしょう。といっても、お風呂の中も汚れることには変りありません。白髪染めをお風呂でする場合のポイントとその後の掃除について考えます。

 

★白髪染めの汚れをまずは予防

白髪染めの液体は、お風呂で実施しても汚れる原因になってしまいます。どこまで汚れないように手間をかけるかにもよりますが、本格的に汚れないようにするにはそれなりの準備が必要です。まず、お風呂の壁は白髪染めの液体が飛び散る可能性がある範囲に、新聞紙や広げたゴミ袋を貼り付けます。お風呂の床は洗い流せばいいと見落としがちですが、これも広げたゴミ袋を敷いておくといいでしょう。自分の体もビニール袋などで守るのを忘れないでください。

 

★白髪染めで汚れた場合、その後の掃除について

白髪染めをして汚れてしまった場合、出来るだけ早いタイミングで掃除をする事が重要です。そのため、白髪染めを塗り終わったら、周りをすぐに見回してください。

完全に予防をしていない場合は、すぐに水で洗い流すようにします。それでも取れない場合には、カビキラーなどの塩素系洗剤を利用します。後から汚れに気付いた場合は、タオルなどに塩素系洗剤を染み込ませ、気になる汚れのところにしばらく置いておきます。そうして汚れを浮き上がらせるのです。

 

★白髪染めの汚れを防ぐために

自宅で白髪染めをするのは、手間もかかりますし、その後の掃除についても大変です。汚れが残りにくい製品も出ていますが、効果が落ちてしまうところがあります。いろんな製品を比較して、今の自分にぴったりの製品を選ぶようにしましょう。また、今はシャンプータイプやトリートメントタイプもありますから、後で掃除をする手間と比較してみて、手軽な商品を選んでみるのもいいでしょう。手間とコストを比較して、果たしてどっちが得なのか考えてみてください。


白髪染めランキングはこちら