白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

レフィーネの特徴

色合いで選びたい方にオススメの白髪染めです。カラーが全7色あって更に色を混ぜてオリジナルカラーを作ることもできます。

混ぜても平気な植物染料ならではの楽しみ方です。

公式サイトに色混ぜシミュレーターもあって様々なカラーリングが楽しめそうですね。

 

口コミ評価★★★☆ 3.8 / 5    口コミ件数2 
商品名 レフィーネ
価格 ¥2,880(税込み)
カラー ダークブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック、オリーブ、ゴールドイエロー、オレンジ
内容量 300g
成分内容 水、セテアリルアルコール、セトリモニウムクロリド、エタノール、DPG、水添ポリイソブテン、オレイン酸グリセリル、ミリスチン酸イソプロピル、PEG-2オレアンモニウムクロリド、クチナシ青、クチナシ果実エキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、水溶性アナトー、ホノライト、トウガラシ果実エキス、バニリルブチル、メントール、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根茎エキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、オレンジ油、レモン果皮油、ライム油、グレープフルーツ果皮油、レモングラス葉油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、イランイラン花油、ユーカリシトリオドラ油、オレス-30、コカミドMEA、水酸化Na、乳酸、エチドロン酸、BG、イソプロパノール、フェノキシエタノール、ジメチコン、(+/-)HC黄2、HC黄4、HC青2、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76

レフィーネのオススメと評判

頭皮が荒れないか、髪の毛の質が悪くならないか、など白髪染めを利用する人は様々な不安を感じています。30種類もの美容成分が配合されているレフィーネは、美容を意識している女性にぴったりの商品です。白髪を染めたい、髪質も良くしたい、という願望を持っている人にレフィーネをご紹介します。

レフィーネはどんな人におすすめ?

白髪染めとしては珍しく、全部で7色の種類があります。白髪染めをしたいと商品を選ぶ際、選ぶ色が少なくて気が進まなかった人におすすめしたいです。そのため、最初は濃い色を利用し、徐々に薄い色に変えていくという応用もできるようになります。また、これまで髪質を気にしていた人、髪の毛を傷めていた人にもおすすめしたいです。美容成分が含まれているので、髪の毛にツヤが出てきて、使用前よりも綺麗な髪の毛に生まれ変わります。シャンプーで汚れを綺麗にした後に利用してもいいですし、最初に強く染めたい人は、髪の毛が濡れていない状態で利用すると効果的ですよ。

 

レフィーネのいいところ

匂いがきつくないのが一番でしょうか。白髪染めはどこか鼻を突くような匂いがあり、トリートメントタイプの白髪染めであっても匂いが苦手な人はたくさんいます。匂いだけで染める気持ちがなくなってしまうこともありますので、レフィーネは継続して利用しやすくなっています。継続して利用するとなると、トリートメントとしての効果が期待されるのですが、白髪染めをしながら髪質を良くしてくれる品質がありますので、毎日レフィーネを利用する価値はあります。サラサラの髪質になりますから、これまでの白髪染め品質に悩んでいた人には利用してもらいたいですね。

 

レフィーネの悪いところ

染まりやすい白髪染めではありません。そのため、何度も利用することも大切ですが、最初のうちは一回の利用量を多くしてみてください。染まってしまった後は、トリートメント感覚で活用する事で色を維持していくことができます。

 

まとめ

頭皮や髪の毛に優しい成分で出来ているレフィーネは、白髪染めに珍しく全部で7色の展開になっています。染まりにくい部分はありますが、最初は繰り返し利用することで、徐々に染まっていくようになり、トリートメント効果も抜群です。白髪染めを長く利用していきたい人は、レフィーネを利用してみてください。

レフィーネの口コミ


レフィーネを使うようになってからは、髪にコシが出てつややかになりました。これまではずっとショートスタイルだったのですが、髪に自信を持つことができるようになった今は肩の下まで伸ばしています。

口コミ評価 ★★★☆ 3.6/5 50代女性


雑誌に紹介されていたのがきっかけでレフィーネの事を知り、興味半分でレフィーネヘッドスパを使ってみた所、本当に一度で色が入りびっくりしました。その上、頭皮がスーっとして心地よくマッサージ効果もあり、地肌と髪が元気になりました。香りも柑橘系で好きです。

口コミ評価 ★★★★ 4/5 50代女性

 

白髪染めランキングはこちら