白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

高い白髪染めの高い理由


多くの白髪染めがあり、どれを選んでいいのかもわからない。これだけ白髪染めがあるのになんで高いのから安いのがあるの?その疑問に答えたいと思います。

 

髪・頭皮を傷めない

この成分が大きな理由のひとつです。化粧水やパック、オイルなど、肌を綺麗にするためのアイテムは高額になりがちです。各社が素材や作り方を研究し組み合わせ、何年もかけて作り上げた成分を製品に入れています。髪や頭皮にも同じことが言えます。一般的に髪を明るくしたり染める場合にはキューティクルを開き、脱色し、そこに色を入れ、キューティクルを閉じます。これでは髪はパサパサになり、一度キューティクルが破壊されてしまった髪はケアすることはできても元のようには戻りません。脱色せず、キューティクルにダメージを与えないで染める、その上で髪や頭皮に栄養まで与えて健康的な髪にという点に大きな企業努力がのっていると言えます。

 

使いやすい染め方や新技術を導入している

サンカラーマックスなどは光で染めるという技術を用いていますし、シーエッセンスカラーフォームは空気で染めるようになっています。例えば光で染める為には光に反応して黒くなる成分が必要です。更にそれを白髪染めとして使えるようにしていかなくてはいけません。成分が髪に染み込んだり、色が長持ちするようにすることです。これによって利便性があがり、自然に着色されたり、染めやすくなっています。フォームタイプであれば今まで2剤を混ぜて髪に塗っていたものが、柔らかいフォームになるのですから、染まりの悪さが想像できます。それをしっかり染まるようにする為に大きな企業努力が必要です。

 

医薬部外品ってなに?医薬部外品以外はなに?

医薬部外品以外はなんと化粧品という扱いになります。医薬部外品は医薬のように実際に作用が認められた成分が含まれていて、効果効能をきちんと表示することができます。化粧品は効果効能の表示が限られており、ニキビを防ぐのように具体例を書くことができません。お肌にうるおいを与える程度の表記になります。白髪染めにしても医薬部外品であれば具体的にその効果効能を書くことができます。実証されているからですね。ニキビを治したい時、ニキビを防ぐと書かれているものと、お肌にうるおいを与えると書かれているものでは印象も効果も違って見えます。これにはこうしたわけがあって、その表記しかできないのです。白髪染めも医薬部外品を選んで買うことで効果は大きいといえます。

 

高いのは要望やクレームから求めるものを積極的に取り入れた結果

どんな要望でも取り入れられるわけではありませんが、企業努力により、要望の多かった点については改善していくべきです。それを出来る限り手の届きやすい価格まで落とすことで販売が可能になります。そうして各社が目指す方向に近づけたものを販売しているということです。フォームタイプ、トリートメントタイプ、シャンプータイプ、塗るタイプ、1剤で済むタイプ、2剤を混ぜるタイプなど。面倒臭がりであれば1剤のフォームタイプがおすすめですし、少しずつ回りに違和感を与えない程度で染めていきたいのであればシャンプー・トリートメントタイプ。面倒でもいいからとにかく安く染めたければ2剤タイプといった感じになるでしょう。

 

高いものほど理想に近いのは当たり前かもしれません。しかしよく染まるフォームタイプが自分に合っているのに、緩やかに染まるシャンプータイプを買ってしまえば、いくら高かったとしても、高いお金を出して失敗したと思うでしょう。高ければいい、安ければいいというものではありませんので、自身の環境や性格に合わせた商品を選びたいですね。


白髪染めランキングはこちら