白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めの成分の体への影響


白髪染めの成分の体への影響

 

白髪は人によって個人差はありますが、早い人では20代のころから気になり始めます。男性の中には白髪があまり気にならない、白髪が似合うくらいの男性になれたらいい、と思っている人も多いでしょう。美容室に行って髪の毛を染める文化が男性にはあまりありませんから、白髪染めに興味がない人がいるのも確かです。ただ、男性は美容室で染める文化がないために、白髪が気になる人は自宅で白髪染めをするようになるのです。女性も例外ではありません。美容室で髪の毛を染めたとしても、毛根からすぐに白くなってくることがありますし、日ごろからケアをしておきたいと思っている人もいるでしょう。

白髪染めが髪の毛を痛める、という話を聞いたことがある人は多いでしょうが、体にも悪影響を与える商品があることをご存知でしょうか。白髪染めの成分から、体へどのような影響があるのか、安心して利用するためにはどうすればいいのかをまとめていきます。

 

★注意すべき白髪染めの成分

最も一般的に白髪染めに利用されている成分が「ジアミン」です。髪の毛を染めた事がある人の中で、頭皮がかぶれるような症状になった事がある人はいるでしょうか。ジアミンが肌に合わないと、肌がかぶれるようになり、場合によっては腫れることもあります。美容室でも同様で、嫌な臭いと共に頭皮が痛み出すことがあるものです。このジアミンを継続して利用することは、髪の毛や肌を痛め続けていることになるのです。白髪染めは、その効果ばかりに目がいきやすいのですが、体への影響がなく、安心して利用できる製品を選ぶようにしなければなりません。

 

★安心して白髪染めをするために

白髪染めには様々な種類があります。そして今も、新しい商品が開発されています。一般的な白髪染めは、アルカリ成分で髪の毛のキューティクルをはがし、酸化剤と染料で髪の毛の内部に色を固定させていくものです。綺麗に染めるためには必要な成分ではあるのですが、髪や頭皮を傷めていることになっています。これから白髪染めを選ぶ場合は、効果だけを見るのではなく、どのような成分が利用されているのかをチェックしていきましょう。無添加や自然の成分を活用している商品も多く出てきていますので、体のことを思い、安心して利用できるものを選んでください。


白髪染めランキングはこちら