白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪の原因は成長ホルモン不足


成長ホルモンは人間の体が大きくなるためには、必要なものですね。でも実はそれだけではないのです。成長ホルモンは白髪の改善・防止にも役立つのです。

成長ホルモンの減少

加齢とともに成長ホルモンは減ってしまいます。確かに成長ホルモンは大人になっても分泌され続けるものなのですが、50歳までには20歳のころの分泌量の1/8程度しか出ないといわれています。成長ホルモンの分泌量の減少が白髪につながっているといえるかもしれません。

白髪への効果以外にも成長ホルモンの効果は、シミ、シワの改善、髪質の改善などの身体面だけではなく、気力が戻ってきたなどの精神的な面でも効果があるとされています。アンチエイジング効果がとても高いために注目されているのです。

成長ホルモンの摂取の仕方

成長ホルモンが体にいいということが分かったとおもいます。では単純に成長ホルモン注射を打てばいい!というものでもないのです。成長ホルモン注射はとても高価です。保険適用でないために効果を得るためには、一回で20万円ほどもかかってしまうといわれています。

では成長ホルモンを経口摂取すればいい!と思う方もいると思いますが、成長ホルモンは胃酸がタンパク質に分解してしまいます。そのために体に吸収される前に、その効果を失ってしまうのです。

成長ホルモンで白髪の改善を願う方にとっては、成長ホルモン注射以外の方法で成長ホルモンを増やすことが必要となります。

成長ホルモンを分泌させる方法

白髪改善を行うために成長ホルモンをどのようにして分泌すればいいのでしょうか?主な方法は3つです。

    1. ①断食

断食は成長ホルモンをなんと2,000%以上増加させることが出来るとも言われています。もちろん個人差があるものの、成長ホルモンを分泌を促すのは間違いないといえるでしょう。ただしどんな断食でもOKというわけではなく、白髪改善に効果のある断食を行うことがカギです。

    1. ②成長ホルモン分泌運動

成長ホルモンを分泌させる種の特定の運動があります。この運動の効果はすぐには出ないものの、継続することで分泌増加につながります。無酸素運動などがこれにあたります。

    1. ③睡眠

22時から2時までが成長ホルモンが出る時間とされています。この時間帯に熟睡することが大事です。生活習慣を整えることが、成長ホルモン分泌につながります。

まとめ

加齢とともに起こる成長ホルモンの減少で白髪になってしまうことも多いです。成長ホルモンの効果は身体面だけではなく、精神面でもよい影響を及ぼすので、成長ホルモンを分泌させる方法をしっかりと知って、白髪対策にも、アンチエイジングに役立てましょう。


白髪染めランキングはこちら