白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めをすると髪が赤くなってしまう?


“白髪染め”を使用すると髪の毛が赤くなってしまう“というトラブルを抱える方は多くいます。こうしたトラブルに解決策はあるのでしょうか?

色の選択から始める

髪の毛が赤くなるのを防ぐためには、まずは選択する色を変えていきます。どうしても 明るめの色を選択すると、白髪と黒い髪の毛の境目がはっきりとしてしまうとされています。このような場合に髪の毛がどうしても赤くなるのです。

このような状況を避けるためには少し暗めの色を選ぶと赤みも抑えられます。ただし暗めの色はどうしても重たい印象を与えてしまいます。これを防ぐためにはアッシュブラウンを選択することが出来ます。アッシュ系であればグリーン系統の色合いとなるために、髪の毛が赤くなることを防げるのです。アッシュ系の白髪染めであれば髪の毛の赤みをできるだけ抑えることが出来ます。

放置時間を調整して

白髪染めを自分でしているという方であれば、放置時間を変えてみてください。放置時間は指示書の通りにするのが正解なのですが、赤みを抑えるという1点だけを見るのであれば、 放置時間を少し長めにとることで、赤くなるのを抑えられます。少しずつ髪の毛にダメージを与え過ぎない程度に時間を変えてみてください。

色の調整は難しい

自分で白髪染めをしているという方も多いと思いますが、どうしても赤みが出がちです。赤みを抑えるために自分に合った色を探すために、一度美容院で施術を受けることをおすすめします。白髪染めには、赤・青・黄色の三原色の色素が配合されています。この色素がメラニン色素などを複雑に関係することで、白髪を染めることが出来るようになるのです。

その結果、以前に染めた色素が残っている状態の髪の毛に、白髪染めを入れると思っているようなカラーにはなかなかなりません。自分に合っている色を出すためにも、赤みをできるだけ抑えるためにもプロの手の施術を受けてみましょう。ヒントを得ることが出来るでしょう。

白髪染めは髪の毛が赤くなりやすい

髪の毛が黒ければ黒い方ほど、白髪染めをすると赤みが出やすいといわれています。その理由はメラニン色素が赤みを持っており、髪の毛が黒い=メラニン色素が多いからなのです。もともとの髪の毛の色が黒い方の場合は、アッシュブラウンなどの色を使って白髪を染めることが、赤みを抑えるのに有効です。

まとめ

白髪染めに入っている赤・青・黄色の三原色と、もともとの髪の毛の色であるメラニン色素のバランスで、髪の毛が赤くなってしまう方もいます。そのような方は赤の 補色である緑系の アッシュブラウンを入れることで、赤みを抑えることが出来ます。


白髪染めランキングはこちら