白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めの原理


白髪染めを気軽に使っているという方も少なくないと思います。しかし白髪が黒髪に変わる原理がどのようなものであるかを知っている!という方は少ないことでしょう。そこでここでは、どのように白髪を黒く染めているのか?という原理について考えていきます。

また白髪染めには種類があり、ヘアカラー、ヘアマニキュア、トリートメントで原理が違います。別記事にて細かく書いていますのでこちらも参照ください。

白髪染めはヘアカラー

まずは白髪染めは、ヘアカラーの一種であるということから考えていきましょう。そのために1剤と2剤を利用してから、髪の毛の色を変えていくのです。この2種類の液体なしでは、白髪染めとして機能することはできません。

    1. 1液の役割

アルカリ剤の液体で、具体的な役割としてはキューティクルを強引に開かせるというものです。キューティクルが開いた状態のところに1剤に含まれている酸化染料が、開かれたキューティクルから浸透していきます。脱色の役割を持っているのが1液といえます。

    1. 2液の役割

過酸化水素水が含まれているので、1液に入っていた酸化染料が強く結びつき、発色をよくしてくれます。染める役割をするのが2液です。

 

白髪染めは永久染毛剤

白髪染めを施した髪の毛は、シャンプーをしても色が変わることはありません。そのために基本的に永久染毛剤なのです。色が落ちることがない理由としては、2液に含まれている過酸化水素水と1液に含まれる酸化染料は結びつくと、大きな分子となります。そのためにキューティクルの間から抜け出すことが出来なくなるのです。そのために色落ちがないのです。

 

色落ちしないためにもヘアケアを大事に

白髪染めは確かに永久染毛剤です。しかしどうしても時間が経つうちに色が抜けてしまうということもあるのです。基本的にはキューティクルの間から染料が抜け出さなければいいのです。

そのためにもキューティクルをしっかりと閉じさせることが大事です。1剤で開いてしまったキューティクルをもう一度閉じさせるためには、ヘアケアがマストです。

染めた色を長持ちさせるためにも、白髪染めを使った後には必ずトリートメントで髪の毛をいたわるようにしてください。 ポイントはカラ-リング専用のヘアケア商品を使うことです。一般のヘアケア商品よりもヘアカラーリング用のものなので、効果があります。

 

まとめ

白髪染めがどのように働くのか?という原理がどのようなものであるかをしっていますか?1剤でキューティクルを開き、2剤で染料を入れることで白髪を染めることがで切るのです。そのために 一時染毛剤ではなく、白髪染めは 半永久染毛剤・ 永久染毛剤といえるのです。


白髪染めランキングはこちら