白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

染毛剤による染め方の違い アルカリ性酸化カラー・ヘアマニキュア・塩基性カラー


フォームタイプ、トリートメントタイプなど染める方法ではなく、科学的な染め方の違いを紹介します。これによって髪へのダメージがわかりやすくなってきます。

 

アルカリ性酸化カラー

脱色してから染毛するタイプ。キューティクルを開いてカラーを浸透させます。しっかり染まるので落ちにくいのがメリットですが、手間もかかり、髪や頭皮にもダメージを受けることもあります。キューティクルを開くので髪はパサつきやすくなりますので、しっかりとしたケアが重要です。美容院などのヘアサロンや、2剤を使うようなカラー剤がこのタイプになります。

 

ヘアマニキュア

キューティクルの上から色を塗るタイプ。カラーが髪の表面につくだけなので色落ちはしやすいですが、髪や頭皮へのダメージは小さく済みます。また、ジアミンという髪に浸透させる成分がないため、ジアミンに刺激、アレルギーが出る方でも使用が出来ます。

 

塩基性カラー

カラートリートメント剤の染色方法。アルカリ性酸化カラーと違い、キューティクルを開かないままにカラーを髪の奥まで浸透させます。その分ダメージが少なく、伸びてくるたびに行わなくてはいけない白髪染めにはとても人気があります。しかし髪の中心まで完全に染まるわけではないので、何度か行い、少しずつ染めていくのが一般的。芯までは染まっていない為にアルカリ性酸化カラーに比べると色落ちもしやすいです。

 

このように染め方にもメリット・デメリットがあります。どれかだけが一番いいというものは存在せず、必ずいい点の変わりに悪い点が存在しますので、一時的に染めたい場合はヘアマニキュアがおすすめですが、ダメージを考えるよりも綺麗にしっかり染めたい場合はアルカリ性酸化カラー、白髪など頻繁な染め直しが必要だけどダメージは抑えたい方には塩基性カラーと、選択していくことも重要といえます。


白髪染めランキングはこちら