白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

白髪染めトリートメントの成分と染まる仕組み


白髪を染めるものの中に、“白髪染めトリートメント”があります。どのように白髪が染まっていくのでしょうか?またどのような方におすすめの白髪染めなのでしょうか?調べていきましょう。

 

★白髪染めトリートメントとは?

白髪染めトリートメントは、白髪を染めつつもトリートメント効果も期待できるヘアケア商品です。ヘアカラートリートメントと呼ばれていますが、実際にはヘアカラー成分は含まれていないケースが多く、オリジナルな白髪染め成分を利用して白髪を染めるタイプです。髪の毛にとても優しいのが特徴です。

 

★白髪染めトリートメントはどうやって染まるの?

白髪染めトリートメントの成分は、HC染料、塩基性染料、植物染料、トリートメントで構成されているものがほとんどです。商品ごとに組み合わせ方が多少違ってきますが、基本的な組み合わせが上記に述べた4つの成分でできています。

①HC染料

ヘアカラー染料で一般的な白髪染めで使われる染料と比べると、分子が小さくなっています。そのためにHC染料はキューティクルを開かずに、 髪の内部に浸透することが出来ます。ただ分子が小さい分、シャンプーなどで出て行ってしまいますので、継続的なケアが必要となります。

②塩基性染料

塩基性染料は髪のマイナスイオント結合することで染めることが出来るものです。分子が大きいので髪の毛の内部に浸透するタイプではなく、表面に付着するタイプです。

③植物染料

植物の染める力を利用したものです。たとえばジーンズを染めるインディゴ、ヘナなどは有名な植物染料です。HC染料・塩基性染料などとのコンビネーションで好きな色を出して行きます。

 

★白髪染めトリートメントのメリット

白髪染めトリートメントは、すぐには効果が出にくいなどのデメリットもありますが、メリットもたくさんある白髪染め方法です。髪の毛を傷めにくいという最大のメリットのほかに、どのようなメリットがあるかを検討していきましょう。

・頭皮に優しい

・染める時間が少ない

・お風呂で簡単に済ませられる

・水洗いで簡単に落ちる

・トリートメント効果も一緒に得られる

などです。白髪染めの体への影響などが気になる方であれば、とてもおすすめなのが白髪染めトリートメントです。

 

まとめ

白髪染めトリートンメントのほとんどは、①HC染料、②塩基性染料、③植物染料 、④トリートメントという4つの成分の組み合わせでできています。それぞれの成分の特徴と、染め方を知ることで、より自分に合っている白髪染めトリートメントを見つけることができます。


白髪染めランキングはこちら