白髪染め比較

白髪染めの種類

結局どれが安いの?

白髪染めの成分

白髪染め・特徴・口コミ

最近の記事

もっとみる

市販の白髪染めで上手く染めるポイント


白髪染めがなかなかうまく染まらない!という悩みを抱えている方もいることでしょう。白髪染めを美容院のようにするにはどうしたらいいのでしょうか?自分でもきれいに染めることはできるでしょうか?

 

★美容院の白髪染めと自宅でする白髪染め

美容院で使われている白髪染めは、自分でする白髪染めとは違うから仕上がりに差が出ても仕方がない!とあきらめている方もいると思います。でも実は美容院で使用している製品と、ドラッグストアなどで購入する製品には、そこまでの大差はないのです。違いはスキルなのです。白髪染めの成分はほとんど同じなのです。 では髪のダメージを最小限に抑えつつ、美容院のように染めるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

★美容院と同じようにするためのスキル

①前準備

前準備は白髪染めをきれいに仕上げるためには、マストなことです。事前のシャンプーでしっかりと汚れなどを落とし、白髪染めが入りやすい状態を作るいます。またダメージを避けるために、髪のダメージ補修剤をつかうときれいに染まりやすくなります。髪の毛を少しずつ乾かして、しっかりと髪の毛を乾燥させてwください。

②染めるとき

髪へのダメージを避けつつも、しっかりと色を残すためには白髪の部分である根元からしっかりと白髪染めをのせていきます。傷んだ部分は最後に付けることで、ダメージを避けることが出来ます。白髪染めの量に気をつけるようにして、 染めいる時間は温めるようにすると色の浸透がよくなります。ドライヤーを使って温めることもできます。放置時間は髪の毛の質に合わせて行っていきます。

③アフターケア

ダメージ補修トリートメントをカラーリングののちに行います。髪が傷みやすくなるのを防いでくれますし、色持ちも長くなります。 アフターケアというひと手間だけで、ぐっときれいな仕上がりになります。

 

★美容院に近づけるためのスキルを見つける

スキル面では美容師にはかないませんが、自分の髪を一番知っているという面からみると自分の髪の毛を自分で染めるのにはメリットがあります。髪の毛の状態・ダメージなどをしっかりと知っているのであれば、丁寧に白髪を染めることで美容院で染めたかのような仕上がりにすることも夢ではないのです。

 

まとめ

美容院で染めたかのようにするためには、①前準備で事前のシャンプーや 髪を少し乾かすという作業を行い、②染める時には 白髪染めの量に気をつける、 染めいる時間は温めるなどのことに注意し、③アフターケアでは ダメージ修復をするという3つの過程のそれぞれのポイントを抑えることが大事です。


白髪染めランキングはこちら